So-net無料ブログ作成

Burns LONDON(バーンズロンドン) [ギター]

detail-marquee-3ts.jpg

60年代くらいのイギリスギターブランドと云えば、ボクならまず「Burns」を思い浮かべます。

当時のUKロックシーンに沢山登場するし、たしかクイーンのブライアンメイも使ってたはず。
ミッシェルガンエレファントの、故アベフトシさんも持ってたと云ってましたね。

Burns全盛時は、さすがにボクもまだ生まれてなかったんだけど、当時日本では「テスコ」がライセンス販売していたらしいです。

十代の頃、Burnsのギターを見かけたら「おおっ。」と思っていたもんです。

もうとっくの昔に無くなったブランドだと思っていたんですが、どうも10年くらい前から復活していたらしい。

で、最近島村楽器がライセンスを取って販売を始めました。

ピックアップとか、細かなディテールは元々ボクも知らない。
けどルックスを見ると、60年代当時のBurnsのイメージそのままです。

Burnsの音は、ストラト系ともレスポール系とも違う、似た音の例えが思い浮かばないんですが、今ビンテージを買うとしたら相当高額な「エピフォン コロネット」みたいな、軽くて、悪く言えばチープな音です。

その「チープさ」がいいんですよ。
今聴くと斬新なんです。
近年は何かと重低音な音ばかり使われるから。

クロウト好みのブランドです。
復刻でいいからボクも欲しい。

モチロン、持ってないので画像はネットでお借りしました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。